にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 行事 » お月見のオススメの食べ物は?お供え物の意味とお団子は?

お月見のオススメの食べ物は?お供え物の意味とお団子は?

お月見は9月から10月に行われます。その年によって日にちも変わります。

お月見の時のオススメの食べ物やお供えなどについてお話ししていきます。

スポンサーリンク
  

お月見のオススメの食べ物

お月見のオススメの食べ物と言うのはどういうものがあるのでしょうか?お月見ではお団子をお供えしていきます。

そのお団子を使って作っていくメニューもあります。

お月見のメニュー

お月見そうめん

お月見うどん

お月見鍋焼きうどん

お月見汁

お月見そば

などなどあります。

麺類も多いですね!!

白玉団子汁の作り方をちょっと紹介します。と言うか材料ですね。

白玉団子汁も美味しいです。

白玉団子汁の材料

材料 (2人分)

豆腐1パック

白玉粉 適量

ほうれん草 1房

ニンジン 半分

玉ねぎ 半分

鶏肉 1枚

塩昆布 1つまみ

油揚げ 1枚

水 380cc

酒・みりん・砂糖・醤油 小さじ1程度

味噌 お好みで

卵をおとしてもいいでしょう。ちょうどお月見のようでいいかもしれません。

お月見のお供え物の意味

お月見のお供え物と言うのはお団子や野菜や果物があります。それとススキですね。

これらのお供え物にはどのような意味があるのでしょうか?

十五夜と言うのは農作物の収穫を祈ります。

また、その年の収穫に感謝していきます。このような意味を持ちお月見と言うのは始められました。

お団子にはそのような意味があり、丸いお団子と言うのは月が満ちる姿、すなわち満月と言うものを意味したものです。お団子をお供えする数は、十五夜にちなんで15個です。またはその年の月数(12個、うるう年は13個)などもあります。

2つの説がありますがどちらもピラミッド型に盛っていく事でその先端が霊界に通じ、収穫の感謝の意を伝えているというのも言われています。
                  
収穫への感謝や収穫の祈りだけではなく健康なども願う祈ると言う意味も含められているそうです。ススキにはどのような意味があるのでしょうか?

月の神様の依り代としても供えられます。

ススキには魔除けと言う意味も含まれています。

その他に野菜や果物を供えるのは収穫への感謝を示します。

お月見は芋の名月と言うのもありサツマイモや里芋をお供えするのも言われています。ぶどうのツルをお供えするのもいいと言います。月との繋がりが強くなるとも言われています。

スポンサーリンク

お月見のお団子は

お団子をお供えするようになったのは江戸時代になってからの事です。里芋や豆類をお供えしていくのと同じようにお団子もお供えしていくようになりました。

その年に多くの米が収穫できたことへの感謝もあります。お団子は、お米を粉にして丸めて月に見立てたものをお供えするようになったのです。

お月見のお団子といえばピラミッドのような山形に盛られていますよね。

地域によって若干お月見の方法も違ったりします。

上のお供えの話しの中でもありましたが、お団子に関して再度お話ししておきます。丸いお団子と言うのは月が満ちる姿、すなわち満月と言うものを意味したものです。

お団子をお供えする数は、十五夜にちなんで15個です。またはその年の月数(12個、うるう年は13個)などもあります。

2つの説がありますがどちらもピラミッド型に盛っていく事でその先端が霊界に通じ、収穫の感謝の意を伝えているというのも言われています。
                  
収穫への感謝や収穫の祈りだけではなく健康なども願う祈ると言う意味も含められているそうです。

まとめ

お月見には色々な意味があります。意味を理解していきながらお月見をしていくといいでしょう。お団子やお供え物などありますね。

お月見の日の食べ物なども色々とあるのでお月見を楽しみながら健康を祈願したり日頃の感謝をしていきたいものですね。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報