にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 子育て » 子供の刺身はいつから食べていい?何から?注意点について

子供の刺身はいつから食べていい?何から?注意点について

子供の刺身はいつから食べていいのでしょうか?生ものを食べるにあたりいつから食べさせたらいいのかと考える親御さんも多いのではないのでしょうか?

詳細を説明していきます。食べる時の注意点などもお話ししていきます。

スポンサーリンク
  

子供の刺身はいつから食べていい?

子供の刺身はいつから食べていいのでしょうか?生ものは赤ちゃんの時には避けた方がいいです。2~3歳から生ものを食べさせていると言う方もいます。

bu198

だいたい5~6歳からがいいと言う方もいます。

何歳から食べていいと言うのは特別な決まりはありません。

子供の様子を見ながら食べていくのが一番ですね。小さな子供はまだ抗体が大人ほど発達していません。

なので食中毒、下痢、発熱、発疹、腸の感染症、寄生虫、ノロウィルスなどの症状が出やすいのです。

また、食中毒や寄生虫などでの症状が出てしまった時に重症化しやすいと言う事も考えられるのです。

また、食中毒や寄生虫の症状だけでなく、嚥下(えんげ)や噛む力、消化器官が未発達であるという事で魚卵などのものによっては塩分を取りすぎるという点でも問題が生じてしまいます。なので無理にあげなくてもいいという意見もあるといいます。

外国人は特に生ものは抵抗を感じている人が多くいます。無理して食べなくてもいいでしょう。子供の様子を見ながら少しずつ食べていくといいでしょう。アレルギーなどの心配がなければいいですね。

また、一度に食べ過ぎると言うのは避けましょうね。

子供の刺身は何から

子供の刺身は何からがいいのでしょうか?寄生虫ではアニサキエスと言うのがあります。激しい腹痛や嘔吐などとても辛い症状です。

生のまま食べる事で魚介類に寄生しているものを食べる事で症状が出てしまいます。

これらの症状が起きてしまうものとしては以下のものがあります。

•サバ

•カツオ

•サンマ

•アジ

なのでこれらの魚は最初はやめた方がいいです。

アニサキスは上の魚介類に寄生していることがあり、アニサキスが原因で起こる食中毒では、激しい腹痛や嘔吐などの症状を引き起こすので非常に辛いものです。

アニサキスの幼虫は60℃で1分程度、または70℃以上では瞬時に死滅するとされるのでそのため十分な加熱が必要となります。

アニサキスによる食中毒は子供だけではなく大人もなります。でも、子供の場合は重症化してしまう事が考えられるので子供は何から食べると考えた時には最初は避けた方がいいです。

いくらを好む子供が多いようなのでいくらや、ネギトロなどが最初は食べやすくていいかもしれません。

少しずつ無理なくあげていけるといいです。

スポンサーリンク

子供の刺身の注意点

子供にお刺身をあげたいと考える親御さんは多い事でしょう。時期に悩むことでしょうが、3歳頃から5歳頃がいいでしょう。少しずつ慣れていけるといいですよね。

そんな中、子供がお刺身を食べる時の注意点ですが、食べる時には、まずは2~3切れがいいです。

少量ずつ食べさせていきます。

子供がおいしい美味しいと言うからたくさんあげてしま湧ないようにしましょう。最初から急に生ものをたくさん食べてしまう事でお腹がビックリしてしまう事があります。最初は少量ずつあげて様子を見ていくようにしましょう。

子供のお刺身をあげる時の注意点で重要なのはやはり少しずつという事がポイントです。少しずつあげていき決して食べ過ぎないという事です。

食べた後には子供の様子を見ていく事です。

食中毒は起こさないか、寄生虫は大丈夫か、アレルギーはどうなのか・・・・・

でも、あまり慎重になりすぎても食べるものが食べれなくなってしまいます。慎重にも大事ですが、あまり固く考えすぎないようにしましょう。

まとめ

子供のお刺身を食べる時に何歳からと言う特別に決まりはありません。でも、赤ちゃんは避けましょう。

3歳過ぎや5歳頃がいいのではないのでしょうかね。あまり親御さんも固く考えて神経質になってもいけません。色々な情報を聞いてしまうと慎重になりすぎてしまうかもしれません。

でも、食中毒や寄生虫はみんながみんなと言うわけでもなくまれに起こる症状でもあります。なので過度に神経質になりすぎずにですね。

食べた後は子供の様子をしっかりと見ていきましょう。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報