にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » ファッション » サンダルはいつからいつまで履ける?

サンダルはいつからいつまで履ける?

サンダルは素足で簡単に履けてとても便利です。暖かい季節になると履いていく方が増えますが、サンダルを履いていくのはいつからいつまでがいいのでしょうか?

サンダルをいつからいつまで履けるのかについて説明していきます。

スポンサーリンク

サンダルはいつから履ける?

サンダルはいつからはけるのでしょうか?

bu209

サンダルを履く基準としてはやはり気温ではないのでしょうかね。暖かくなってきたら履いていくと言う方が多いのではないのでしょうかね。

北日本と南日本でも気温の違いがあります。なので気温の差で履く時期も変わるのかもしれません。

素足で履くのが基本のサンダルやミュールと言うのは個人個人で特にいつから履くのかと言うのはないでしょう。

多くの意見としてはゴールデンウイークあたりからまたは、ゴールデンウイーク明けと言う方が多いようです。最近は気温の上昇でとても暑くなりました。

春の早い段階で暖かい、または暑い日が増えています。スプリングコートなどの上着が必要ない日も多いです。

日中は薄着で過ごせる日も増えています。

外気温に合わせてサンダルを履いていってもいいでしょう。最近はあまりファッションでの決まりもなく衣替えとは言ってもすでに暑い日が多くて早目に夏服になると言う人もいるでしょう。

だいたいの温度の基準としては平均温度が20度以上になった頃からサンダルがいいのではないのでしょうかね。温度が低くて履いて寒々しく思われてもいけません。足元が冷えてもですよね。

薄着で過ごせるファッションならば足元もサンダルで大丈夫でしょう。全体的のバランスもありますね。

北日本と南日本では同じ月や同じ気温でも体感温度が違ってきます。北日本は25度前後を目安にした方が良いようです。

北日本と南日本では同じ月、同じ気温であっても体感温度が違っていきます。寒いので北日本は25度前後を目安にした方が良いようですね。

北日本では5月前後の日中の気温が25度前後になってからサンダルを履いていくといいでしょう。勿論、洋服に合った格好がいいので厚着をしていてサンダルは似合いません。

薄着で過ごせるようになってからサンダルを履いていきましょう。

サンダルはいつまで履ける?

では、逆にサンダルはいつまで履けるのでしょうか?南日本は日中の平均気温が20度を下回り始めたら履くのをやめていきましょう。

また、北日本は日中の平均気温が25度前後を下回り始めたら履くのを控えましょう。特別に気温の話しをしていきましたが、決まりはありません。

秋の服を着るようになったら全体のバランスも考えていつまでもサンダルと言うのは似合いません。なので秋の服を着るようになったらそろそろサンダルは控えようとなる事でしょう。

また、周りの人はどんな感じかというのを見ていきましょう。

気が付いたら自分だけサンダルを履いていたとなると浮いてしまいます。周りの人の様子も合わせていきましょう。

サンダルはいつまで履けるのかと言うと気温や周りの様子、そして、着ているファッションに合わせてとなります。

スポンサーリンク

サンダルの種類

サンダルの種類には3タイプほどあります。

サンダル、ミュール、トングサンダルがあります。

サンダル

つま先部分が開いているもの。

かかと部分をベルトやストラップで固定して履くタイプや固定していないタイプのものがあります。

ミュール

つま先部分が開いているものや固定されているものがあります。

かかと部分が固定されていない「つっかけ」タイプの靴もあります。

トングサンダル(草履の進化系)

ビーチサンダル(いわゆる草履タイプ)をミュール風にお洒落にした進化系の履物

サンダル・ミュールとも、足の露出が多いデザインも多くあります。

あまり露出の多いものは流石に4月、5月は早いようです。サンダルのデザインに合わせて気温次第で履いていく時期も考えていきましょう。

まとめ

サンダルを履いていると夏と言う感じですよね。

周りの人の様子を見て履き始めてあり履かなくなったりとするといいでしょう。それと、気温や着ているファッションで判断していくといいですね。

スポンサーリンク
  - ファッション  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報