にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 季節・天候 » 秋晴れの意味といつからいつまでの時期?

秋晴れの意味といつからいつまでの時期?

秋晴れってよく言いますが、秋晴れの意味と言うのはどういう意味があるのでしょうか?

また、秋晴れと言うのはいつからいつまでなのかをお話ししていきます。

スポンサーリンク
  

秋晴れの意味

秋晴れと言う言葉をよく聞くことでしょう。秋晴れは「あきばれ」と言います。

秋のよく澄んでいる晴れ渡っている空の様子を言います。空気も澄んでいて雲ひとつない晴天の事を言います。そのままの言葉でもあります。

秋晴れになるととても気持ちがいい一日になりますよね。移動性高気圧と呼ばれる気圧が日本上空を乾燥した空気で覆う状況になる事です。

また、台風が通過した翌日にも台風一過とも言いますが、秋晴れとなりいいお天気になることが多いです。台風が通過した後と言うのは雲一つない晴れ晴れとしたお天気になります。

そんな天気の事を秋晴れと言います。

主に11月3日が特異日とも言われています。

統計的に見て11月3日は過去のデーターから秋晴れになりやすい日と言われています。

11月の上旬はお天気の日が多いので秋晴れと言われることが多いです。11月に入ってからも秋晴れと言うのはどうなんだろうと思うかもしれませんが、11月に入りお天気の日が統計的に多いので秋晴れと言われることが多くなります。

ここで季語についてお話ししておきます。この秋晴れの時期に使う季語がいくつかあります。

秋の季語は

秋麗

秋澄む

そぞろ寒

秋寂ぶ

秋深し

行く秋

秋晴

鰯雲

天高し

秋風

名月など

秋晴れは何だかスッキリと気持ちがいいですよね。

スポンサーリンク

秋晴れはいつからいつまで

秋晴れはいつからいつまでとなるのでしょうか?季語や時候などの挨拶で秋晴れという言葉を使う事が多いのは10月です。

10月は秋の中ごろと言う事もあるので一番秋晴れと言われる時期でもあります。でも、10月と言うのは雨の日が多いです。

11月の初旬にはお天気の日も多いのでその頃まで秋晴れとも言います。

なので秋晴れはいつからいつまでと言うと9月~11月頃までです。11月の中ごろから末になると寒くなり冬となっていきます。

9月はまだまだ残暑があり暑かったりもしますよね。やはり秋晴れは澄んだ空気で気持ちがいいと言うのが何よりですよね。

秋の長雨の10月にも秋晴れの清々しい日もあります。そんな秋の気持ちよく過ごしていける日が秋晴れとも言うようになります。

秋晴れのイメージは?

秋のイメージってなんだかすがすがしくていい感じがしますよね。気持ちがよいと言うイメージもあります。

ここで秋のイメージはどんな時に感じるのかを紹介していきます。

秋を感じる時は

1 朝晩に寒さを感じ始めると

2 木々が紅葉し始めると

3 秋刀魚、秋茄子や栗など、秋の味覚が食卓を彩ると

4 夜、虫たちの音色が聞こえ始めると

5 日暮れが早くなると

6 半袖から長袖(秋物)に衣類が替わると

7 秋桜、キンモクセイやすすきなど、秋らしい植物を見ると

8 空気にさわやかさを感じはじめると

9 赤とんぼが飛んでいるのを見ると

10 空高い秋雲を見ると

あなたはどんな時に秋を感じますか?

夏が終わり秋が近づくと夕方暗くなるのも早くなりますよね。そんな夕暮れ時に秋を感じていく方も多いのではないのでしょうかね。

涼しくなり長袖にもなっていき肌寒さ、寒さを感じる秋、過ごしやすくて秋が好きと言う人も多いのではないのでしょうかね。

まとめ

秋晴れはお天気が良く雲一つない澄んだ空気の日を言います。特異日と言われているのが統計的に11月3日です。

10月に運動会が行われる保育園や幼稚園、小学校も多くありますが、どうしても雨になってしまう事もあります。やはり雨が続くと気持ちもジメジメスッキリしないですよね。

お天気の良い日が一番ですね!!

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報