にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » イベント » ハロウインの意味と何をする日?

ハロウインの意味と何をする日?

ハロウインが近付いてきて町の飾りもハロウインがたくさんになりました。

家の中の飾りもハロウインの飾りにしている人も多い事でしょう。クリスマス程まだまだ浸透はしていないようですが、ハロウインパーティーを予定している人も多い事でしょう。

ハロウインの意味と何をする日なのかをお話ししていきます。

スポンサーリンク

ハロウインの意味

ハロウインの意味はどのような意味があるのでしょうか?

ハロウィン、あるいはハロウィーンと言います。

11月1日の万聖節(ばんせいせつ)の前夜祭です。なのでハロウィンの日は毎年10月31日と決まっています。

万聖節(ばんせいせつ)の前夜祭であるハロウィンは秋の収穫を祝うとともに悪霊を追い出していくと言う意味のあるお祭りなのです。

毎年、10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のことを言います。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でした。

現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着している行事でもあります。祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっていると言います。

カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあります。

ハロウインはキリスト教の祭ではありません。

ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な考え方があります。

スポンサーリンク

ハロウインは何をする日?

ハロウインは飾りを見たり仮装をしたり盛り上がってはいますが何をする日なのでしょうか?

ハロウィーンは昔の人たちは、亡くなった人達がこの世に戻ってくる夜だと信じていましたのでした。

亡くなった人達がこの世に戻ってくるので大きなたき火をして、ウヨウヨする妖怪や魔女達から身を守っていたのでした。

日本で言うならばお盆のようなことです。なので、日本のお盆のような感じなのでそれが海外で行われていると考えていいでしょう。

言い伝えでは、昔アイルランドにジャックというおじいさんがいたそうです。

でも、そのジャックはあまりにもケチでずるい人間だったので死んでも天国に行けずに地獄へ行ったと言います。

ジャックはケチでずるい人間だったのであの世に行っても嫌われてしまいそこでも悪魔に追い返されてしまったのです。

ジャックと言えばジャック・オー・ランタン、あるいは、ジャック・オ・ランタンとも言います。

「お化けカボチャ」「カボチャちょうちん」とも言えるもので、オレンジ色のカボチャをくりぬき、ナイフで目・鼻・口をつけ、内側に火のついたろうそくを立てるもので、最もハロウィンらしいシンボルでもあります。

ハロウィンを祝う家庭では、カボチャを刻んで怖い顔や滑稽な顔を作り、悪い霊を怖がらせて追い払うため、ハロウィンの晩、家の戸口の上り段に置いていきます。

これは「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」を象徴したものであるのです。

ジャックは地獄から追い出されてカブをランタンにしてそのランタンを持って暗い道を歩いていきました。

ジャックは今でも、その明かりのランタンを持って、この世とあの世の間をさまよい歩いていると言われています。

これが、子ども達が作るカボチャのランタンの始まりと言われているのです。今ではカブの代わりにカボチャを使うようになりました。

この様にハロウィーンは人間の子どものお祭りにもなりました。海外ではそれぞれ自分の好きな仮装をした子ども達が他の家を1軒1軒ずつまわって歩きます。

そして、「トリックオアトリート」「お菓子くれなきゃいたずらするぞ」と言ってまわります。

お菓子などもらうようです。

似たような感じで、北海道の一部では七夕に子ども達が他の家を1軒1軒ずつまわりお菓子をもらう風習があると言います。

日本でもハロウインが盛り上がってくるようになりました。

その理由の一つとしてはディズニーランドでハロウィーンを始めてからだと思いま。続いて大阪のユニバーサルでも取り上げられ浸透していきました。

それまではハロウイングッズも本当に少ししか売っていませんでした。

飾りをしていても、「ハロウインって何?」と言う感じではありましたが、今ではハロウインは誰もが知っている行事となりました。

ハロウィーンは仮装をして、お菓子を各家庭にもらいに歩いていく日、そしてお菓子を食べていく日でもありますね。

また、飾りつけをしたりハロウインパーティーをしたりして楽しんでいく日でもあります。

まとめ

ハロウインの意味や何をする日なのかというのは言い伝えで色々とあります。

11月1日の万聖節(ばんせいせつ)の前夜祭です。秋の収穫を祝うとともに悪霊を追い出していくという意味のあるお祭りなのです。

仮装をしてお菓子をもらい歩いて食べると言う日になっています。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報