にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 季節・天候 » 文化の日は晴れの特異日と言われているのは本当?天気は?

文化の日は晴れの特異日と言われているのは本当?天気は?

文化の日と言うのは晴れが多いと言われています。

晴れの特異日とも言います。今までの統計でも晴れの確率が多いとは言いますが本当なのでしょうか?

11月3日の文化の日の天気に関してお話ししていきます。

スポンサーリンク

文化の日は晴れの特異日と言われているのは本当?

11月3日の文化の日は晴れの特異日として知られています。

殆どの日がお天気になると言われています。

とは言っても必ずしも晴れるわけではないのですが、今までの統計ではお天気になる日が多いと言います。

過去30年間の統計を見ても7割以上は晴天と言われています。とは言ってもそんなに個人的には高い確率でもないなと感じてしまいました。

晴れの特異日とも言われている文化の日なので90%位はとも思いますが、案外晴れの日でない日もあります。

11月3日の他にも晴れの特異日と言われているのは10月10日です。

秋晴れでお天気になると気持ちがいいですよね。今年2017年は本当に雨続きの日が多くありました。

洗濯物も困りますよね。

からっと晴れていくといいのですが、なかなか雨続きでは洗濯物も乾きません。11月3日は晴れの特異日と言うので今年は晴れていくといいです。

そもそも11月3日と言うのは国民の祝日の一つに当たります。

11月3日は祝日法(国民の祝日に関する法律)で「自由と平和を愛し、文化をすすめる」と定められています。

日本国憲法が公布されたのは1946(昭和21)年11月3日となっています。

この憲法の公布を記念して、「平和への意思を基盤とする文化を、発展・拡大させよう」という趣旨で、11月3日が文化の日として制定されました。

この時期は台風も来やすい時期ではありますが、雨の確立や台風も当たらずに晴天になる確率が高いと言われているのが11月3日です。

あくまでも今までの統計で必ず晴れる日と言うわけではないのですが、祝日にお天気になると気持ちがいいですね。

スポンサーリンク

文化の日の天気は?

文化の日は晴れの特異日として知られているので晴れる確率は高くなっています。

あくまでも確率ではあるので必ず晴れるわけでもありません。

でも、特異日なので晴れる可能性は高いと言う事ですね。

他にも1年の中で特異日と言うのがあります。

1年間の特異日

•1月16日:晴れの特異日

•3月14日:晴れの特異日

•3月30日:雨の特異日

•4月6日:花冷えの特異日

•6月1日:晴れの特異日

•6月28日:雨の特異日(東京では50%以上の確率で雨が降る)

•7月17日:雨の特異日

•8月18日:猛暑の特異日

•9月12日:雨の特異日

•9月17日:台風襲来の特異日

•9月26日:台風襲来の特異日

•11月3日:晴れの特異日

晴れの特異日は嬉しいですが、雨の特異日になるのはちょっと残念ですね。

もしかすると自分のお誕生日にあたっている人もいるのではないのでしょうか?雨の日の特異日、晴れの日の特異日、台風の特異日などなど色々とありますね。

私はやはりお天気の日が好きですが、農家などでは雨も大事です。雨が降ることで畑の野菜も喜びます。

私も畑を借りていたことがありますが、水をあげに行けない事も事もあり、雨が降ると嬉しかったりもしました。

猛暑の特異日も何だかすごいですね。1年間には色々な特異日がありますね。

11月3日は決して90%以上と言う高い確率ではないのですが、でも、特異日としてお天気は晴れていく日が多いと言われています。

まとめ

11月3日は晴れの特異日として知られています。

晴れの特異日と言うとなんだか嬉しいですよね。とは言っても雨が降ってしまっては残念です。

晴れの特異日と言われているので予定を入れてみたものの雨が降っては悲しいですね。

お天気になる確率は高いので晴れるといいですね。

近年は、温帯地域であった日本列島が、地球の温暖化で亜熱帯地域に移行してきているので、気象の特異日の状況も変わってきていると言う事もあります。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報