にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 受験 » 大学受験にかかる費用はどのくらい?安いのか?高いのか?

大学受験にかかる費用はどのくらい?安いのか?高いのか?

大学受験ではお金がかかると言われています。高校受験でもお金はかかりましたが、経験上高校受験より何倍もお金がかかりました。

AOや推薦入学で行ってくれれば一般入試に比べるとお金がかかりません。とは言っても本人が、どのような姿勢で受験に向かいたいかでも違いますよね。

どうしても一般受験をして目指したい大学がある時には推薦とかではなく一般受験で行くでしょう。高校に指定校推薦が多くていきたい大学があれば推薦枠でそのまま進学できればいいですよね。

でも、一般受験になるとまた費用も変わってきます。大学受験にかかる費用やどの時期にお金がかかるのかなどを説明していきます。

勿論、大学によっても違いますけど、経験での話しを話していきます。

スポンサーリンク

大学受験にかかる費用とはどのくらい?

大学受験のシーズンに入っていきますね。大学受験と言えば、高校受験もでしたが勉強が大変ですね。

高校受験よりも大学受験の方が範囲が広いです。

bu110

なので、いかに早く勉強を始めるかも大事ですね。勉強を早くはじめてだらだらしていても効率は悪く、短期間でびっちりと集中して頑張る方もいることでしょう。

自宅で独自で勉強していく学生もいます。多くの学生は、塾に通うというケースが多いでしょう。自力で勉強が出来れば親も塾代がかからずに助かるのですけどね。独自での勉強がモチベーションも大事になります。

その大学受験の塾が高いです。大手の映像で講座を受ける塾に私の子供は通っていましたが、高い!!

期間ごとにお金の請求がありました。

面談がありお金の話し、表面上はどの講座をとるかとか、現状の状況を話していくものではありました。

でも、面談の最後に金額を提示されて支払いの意志を伝えてサインすることもありました。

その金額が高校受験とは大違いで高額でした。

こんなに支払って子供はしっかりと勉強してくれなかったらどうしようと考えたりもしました。

夏期講習、冬期講習のたびに中学時代に入っていた塾ではお金の請求がありましたが、その金額とはケタが一つくらい違いました。

まとめて半期分とかの支払でもありましたけどね。合計すると高校受験の時よりも本当に桁違いで高額でした。

更に、受験にかかる費用も高かったです。

ここでは私立大学について話していきますが、1教科に付き3万5千円。

2016年現在

これからまだ上がっていく傾向もあるかもしれません。

同じ大学をいくつも受けられますが、受けて学部を変えた時に2学部目からは安くなる大学もあります。

いくつの学部を受けても3万5千円と言うところもあります。

受験の日程を考えながらどの大学、どの学部を受けていくのかを決めていくといいです。

塾代でもかかり受験でもかかります。

センター試験では18000円です。

お金がどんどん飛んでいきました。

センター試験が1月で最初にあり、その後にセンターの状況を見て、私立大学をどこを受けていくのか決めていきました。

目指す大学もあるでしょうが、その他にも滑り止めなどで受けていきました。

どうしてもいきたい大学があり、一つに絞る方もいるでしょう。

でも、ほとんどの学生はいくつか受けることでしょう。

5個受けても175000円です。

とにかくお金がかかります。

塾代の他にも受験代も考えておきましょう。

嬉しい出費ではありますが、合格後に入学金や学費もあります。

すべてを含めるとかなりの額になります。

推薦でも学費は変わりませんが、受験代はいくつもかかりません。一般受験は、精神的にも負担が大きくお金の面もかかります。

スポンサーリンク

大学受験にかかる費用は安いのか?高いのか?

大学受験にかかる費用は安いのか言われると安くないです。

大学受験てこんなにお金がかかるんだと自分の子供が大学受験をして驚きました。

国立などでは学費も安いでしょう。

私立となると高いです。

学費などは、大学によって違います。

合格が何よりですが、各大学の学費も調べれば分かるので見てみて下さい。もう、大学生になるんだから子供任せでと考えるかもしれませんが、お金を支払っていくのは親です。

調べてどのくらいなのかと知っておくといいです。学費に関しても合格していざ支払うようになった時に、こんなに高かったんだと驚くことのないように知っておくといいです。

大学受験にかかる費用は塾代も受験代も安くはありません。なので、かかる費用も含めて子供にはしっかりと自覚を持って頑張ってほしいですね!!

大学受験の時にどの時期が一番お金がかかるのか?

大学受験は、塾代は入る時期によって違います。また、塾によっても支払いの方法は様々でしょう。

なので一概にこうとは言えませんね・・・・・・

塾代もかかるので費用としてしっかりと頭に入れておくといいです。センター試験の申し込みが秋にあり、18000円かかります。

その後は、年が明けるまではありません。私立大学の募集が始まりお金を支払っていきます。

銀行や郵便局、コンビニで払い込みをしていきます。

手数料のかかるところもあるのでどの銀行がいいのかどの銀行が手数料がかからないのか安いのかも調べておくといいです。

いくつも受けるとなるとお金がかかっていきます。

受験の申し込みで大きな封筒で大学に送付していきます。中にはネット申し込みもあります。

送付する時には郵送代もかかります。

なんだかんだでお金は受験料以外にもこまごまとかかてしまいます。

募集の日程に遅れないように気を付けていけなくてはいけないですね。遅れてしまっては受け付けてくれません。

そういった点ではかなり厳しくシビアです。気を付けていきましょう。

まとめ

大学受験はお金がかかるというのが親としての感想でもあります。本人が一生懸命にやってくれれば悔いも残らずお金を出しても仕方がない・・・・となりますけどね。

浪人でもしたらまたまたお金はかかります。でも、どうしても行きたい大学があれば親も頑張ります。大学受験では塾代もかかりますが、秋のセンター試験の申し込みから始まり、1月から受験の申し込みで受験代金がかかります。

嬉しい喜びですが、受かったら受かったでお金もかかります。子供には本当に気持ちを入れて頑張ってほしいものですね!!

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報