にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 季節・天候 » 寒中見舞いの返信についてと時期とラインやメールでいいのか?

寒中見舞いの返信についてと時期とラインやメールでいいのか?

寒中見舞いは、喪中だったり年賀状を出せなかった相手に送ったりします。

季節の挨拶でもあります。暑中見舞いは出すけど寒中見舞いは出さないという方も多いでしょう。

スポンサーリンク
 

寒中見舞いを出すときの出した相手はいいのですが、返信についてどうすればいいのかなどを説明していきます。

返信の時期や今は多くの人がやっているメールやライン。

寒中見舞いをラインやメールで済ませていいのかなど説明していきます。

寒中見舞いの返信について

寒中見舞いを出すときに返信は必要でしょうか?

自分が喪中だったりしたときにはどうすればいいのでしょうか?

また、相手が喪中だったりと色々と難しいですね。

新年の挨拶が出来なかった。年賀状をお互いだすことが出来なかった時もあるでしょう。

すでに喪中ハガキも出しているかもしれません。

逆にもらっているかもしれません。

マナーとしては寒中見舞いの返信を出すというのはしなくてもいいのです。

でも、せっかくハガキをもらったのに返信をしないのはちょっといいのかなと考えてしまいますよね。

喪中で喪中ハガキを出した時には喪中ハガキにも事前に伝えてあるので寒中見舞いをもらっても出さなくていいです。

逆に喪中ハガキをもらって相手に寒中見舞いを出した時。

「どうして返信が来ないの?」と寒中見舞いを出したのにくれないと考える必要はありません。

相手も全然マナ-ないのではありません。

喪中ハガキにちゃんとに伝えてあるのでいいのです。

お互い寒中見舞いがきても返事は書かなくてもいいです。

寒中見舞いをもらいっぱなしと言うのはちょっとですね。

と言うのは、喪中でもなんでもなく久しぶりにもらったとかそういう時には何かしら返事をしていくといいです。

寒中見舞いの返信の時期

寒中見舞いの返信の時期と言うのは、もらった相手にもよります。

喪中だったりしたときには出さなくてもいいでしょう。

スポンサーリンク

喪中の時には出さなくてもいいのですが、そうではない時。

寒中見舞いの時期と言うのはもらった時には比較的早めに返信しましょう。

いつまで経っても出さないでいると忘れてしまうこともあります。

時期外れになっても常識知らずになるし。

1月8日から2月4日までの間が寒中見舞いですが、なるべく早めに出していきましょうね。

寒中見舞いの寒中とは、「小寒」と「大寒」の期間をいいます。

小寒の最初の日から大寒の最後の日の間にと感じますが年賀状もあります。

年賀状は1月7日まで(松の内)に届くものをいいます。

なので、寒中見舞いの時期は、1月8日以降大寒の最後の日(立春の前日である節分の日)までとなります。

ちなみに、小寒は1月5日もしくは6日から始まります。

寒中見舞いの返信はラインやメールでいいのか?

寒中見舞いは、ラインやメールで済ませる方も多いでしょう。

気軽に出せる相手とか、相手によって違いますよね。

会社の上司からもし、寒中見舞いをもらったとします。

それなのにラインやメールで簡単に済ますわけにもいきません。

友達だったりしたら簡単に済ませて大丈夫だったりもします。

相手から寒中見舞いをもらいメールで返す。

相手を選んでやっていきましょう。

基本的にはハガキでもらったらハガキで返していきましょう。

余程仲がよく気のおける相手だったらラインやメールでもいいでしょう。

相手にメールやラインを送る時にも内容を相手によって考えていきましょう。

しっかりとしたないようにするのか短文でいいのか気持ちを込めて書いていきましょう。

まとめ

寒中見舞いの返信は考えますよね。

でも、多くのマナーはありません。

決まりはないのですが、常識的に考えてわかることも多いので、よく考えて行動していきましょう。

後々マイナスの人間関係とならないように気を付けていきたいものです。

相手に失礼のないように快く寒中見舞いの返信をしていきましょう。

スポンサーリンク
  - 季節・天候  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報