にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 季節・天候 » 寒中見舞いの文面のマナーは?ビジネス編と友達や上司編

寒中見舞いの文面のマナーは?ビジネス編と友達や上司編

寒中見舞いの文面のマナーってあります。

ビジネスで書く書き方や友達でも違います。どのように書いたらいいのかマナー良く書いていくためにはどうしたらいいのかを説明していきます。

スポンサーリンク
  

寒中見舞いの文面のマナーは?

寒中見舞いを書いていく時に文面のマナーと言うのがいくつかあります。

そんなの面倒と思わずに相手に不愉快な思いをさせてしまわないように気を付けて書いていきましょう。

まずは、気を付けていく点で相手方が喪中の場合に寒中見舞いを送る時があります。

その時に、賀詞やおめでたいとされる言葉は避けていくようにします。

また、年賀状を出し忘れた相手に送る場合に出すときに書き忘れたという書き方は避けていった方がいいです。

相手に対して不愉快な思いをさせてしまいます。

お詫びの言葉を添える場合は言葉の使い方に十分気を付けていく必要があります。

出したさなかったとなり相手に不愉快な思いをさせてしまわないようにしましょうね。

寒中見舞いを出していく時に頭語と結語は不要なので書かなくてもいいです。

季節の挨拶は書いていきます。

寒中見舞いは、1月8日から2月4日までとなるので期限は間違わないようにしましょう。

早く出しすぎてもダメだし、遅くなりすぎてもダメです。

期限を守って出していきましょう。

間違っても年賀はがきを使用しないようにしましょう。

喪中の相手もいるはずです。

印刷ハガキを使用する時にも手書きで一筆添えるようにしましょう。印刷だけではなんだかさみしいですね。

一文があるといいです。

文面の基本構成としては以下の通りです。

寒中見舞いの文面の基本構成

1.季節の挨拶を書く

2.時候の挨拶を書く

3.安否を尋ねていく挨拶を書く

4.近況報告をしていく

5.結びの挨拶をしていく

6.年号や月を書く

7.差出人の氏名、住所、郵便番号、電話番号も書いてもOK

このような形で書いていきましょう。

寒中見舞いの文面のビジネス編

寒中見舞いの文面のビジネス編です。

どのように書いたらいいのでしょうか?

寒中見舞いの文面の基本構成

1.季節の挨拶を書く

2.時候の挨拶を書く

3.安否を尋ねていく挨拶を書く

4.近況報告をしていく

5.結びの挨拶をしていく

スポンサーリンク

6.年号や月を書く

7.差出人の氏名、住所、郵便番号、電話番号も書いてもOK

このように丁寧に書いていきましょう。

文面の一例

寒中お見舞い申し上げます

寒さ厳しき折、貴社の皆様にはいかがお過ごしでしょうか

日頃から多事にわたり格別のご厚情を賜りましてまことにありがとうございます。

ここにお礼申し上げます。

本格的な寒さを迎える今日この頃、皆様におかれましては ご健康にご留意の上ご躍進されますようお祈り申し上げます

今後とも相変りませずご愛顧のほどひとえにお願い申し上げます

 平成○年○月

などと丁寧に書いていきましょう。

寒中見舞いは、この季節ならではの日本の伝統的な慣習のひとつです。

「挨拶として」「気遣いとして」相手を想う気持ちを表現することが出来ます。

寒中見舞いと言うのは素晴らしいコミュニケーションをとっていく方法でもあります。

表現の幅にも自由を利かせることができるのも魅力です。

個性を生かした書き方も一目置かれるかもしれません。

デザイン的にも目を引くようなものが出来るとビジネスチャンスにつながるかもしれませんね。

相手の好みに合わせて考えていくのもいいでしょうね。

寒中見舞いの文面の友達や上司編

寒中見舞いでは文面は友達や上司に書く場合では違います。

友達に書く場合の基本構成としては以下の通りです。

1.季節の挨拶を書く

2.安否を尋ねていく挨拶を書く

3.自分の近況やお礼の言葉などを書く

4.先方の無事を願い言葉

5.年号や月を書く

上司に書く場合はビジネス編と同じようになります。

1.季節の挨拶を書く

2.時候の挨拶を書く

3.安否を尋ねていく挨拶を書く

4.近況報告をしていく

5.結びの挨拶をしていく

6.年号や月を書く

7.差出人の氏名、住所、郵便番号、電話番号も書いてもOK

丁寧に書いていきましょう!!

友達や上司よって書き方はそれぞれ違います。

上司なのに馴れ馴れしくしたり、友達なのにかしこまりすぎたりしないように書いていきましょうね。

まとめ

寒中見舞いの文面は書く相手により書き方は違うことがわかったと思います。

書き方など失礼のないようにしていきましょうね。

ビジネスでは個性を生かしてごく当たり前の文面であってもハガキのデザインを工夫してみたりして目を引いていく事が出来るといいかもしれませんね。

スポンサーリンク
  - 季節・天候  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報