にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 予防接種 » インフルエンザの潜伏期間は?うつるのか?症状は?

インフルエンザの潜伏期間は?うつるのか?症状は?

インフルエンザの時期になるとヒヤヒヤしますよね。ましてや受験生を持つ親だったりしたら、インフルエンザは怖いです。

何か大事な行事とインフルエンザが重なってしまってはどうにもなりません。インフルエンザにかからにように防いでいきたいものです。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種を毎年打っているという方もいるでしょう。でも、インフルエンザに罹ってしまう方もいるでしょう。

インフルエンザの潜伏期間てどのくらいなのでしょうか?また、インフルエンザがうつるのはどの時なのか?説明していきます。

インフルエンザの潜伏期間は?

インフルエンザの潜伏期間はどのくらいなのでしょうか?インフルエンザに罹ってしまった人と一緒にいた時に、体の中に菌が入り、それが発症するまでの期間です。

インフルエンザは、感染者がくしゃみや咳をしていくとそれで感染してしまいます。

ドアノブなどを感染者が触るとその後にドアノブを触った人が自分で口や鼻を触ってしまう。そうすると感染してしまいます。

感染ルートは色々とありますが、インフルエンザは感染力が高いです。

なので、外から帰った時には手洗いやうがいが大事です。ただ洗うだけでも意味がありません。

きれいに石鹸を使って何秒間かきれいに手を洗うことが必要です。

インフルエンザの潜伏期間は短いです。

感染から発症まで2日程度です。場合によっては1週間くらいという事もあります。

潜伏期間と言うのは、菌が体に入り感染している状態です。

そして、潜伏期間から発症して様々なインフルエンザの症状が出てきます。

体内に入った潜伏期間中の菌は、どんどん増えていきます。

インフルエンザに罹るとツラいですよね。

インフルエンザの潜伏期間中はうつるのか?

インフルエンザの潜伏期間中は自分がインフルエンザに罹っているとかは分かりません。

インフルエンザの潜伏期間中はうつってしまいます。

まだ自覚症状が殆どなく友達と会ったり、学校へ行ったりしてしまうでしょう。

スポンサーリンク

でも、インフルエンザの潜伏期間中でもインフルエンザはうつってしまうのです。

何も悪気がなくうつしてしまった時には申し訳ないですね・・・・・・

自分では知らない間にインフルエンザにかかてしまっていてウイルスを広めてしまう。

インフルエンザの潜伏期間は短いので潜伏期間から発症までは短いのでその分、知らず知らずうつしてしまうというのは短期間ではありますけどね。

インフルエンザのウイルスは、強い感染力と短い潜伏期間と言うのが特徴です。

なのでインフルエンザが流行すると一気に広がってしまいますね。

インフルエンザの潜伏期間の症状は?

インフルエンザの潜伏期間中と言うのは感染力はあるものの、自覚症状と言うのはないのです。

まったくと言うわけでもなく、人によっては何だかだるいかなとかくしゃみが多かったり鼻水が出たり、喉がなんだかおかしいという方もいるようです。

インフルエンザに罹ったという人と接触した後になんとなくいつもと違うなと感じた時には要注意して下さいね。

なんとなくいつもと違うなと数日感じているうちに体の中で菌がどんどん増えて、一気に高熱が出ていきます。

高熱が出た時にはインフルエンザを疑い病院へ行って下さいね。

とは言っても、発熱してすぐに病院へ行って検査してくださいと言ってもすぐには検査で陽性にはならないことが多いです。

少し時間を置いてから病院へ行った方がいいです。

まとめ

インフルエンザの潜伏期間と言うのは短いです。

感染してから発症までの事を潜伏期間と言いますが、その間ほとんど自覚症状がなく、一気に熱が上がります。

かなりインフルエンザはツラいです。

感染期間から発症、そして、発症後と合わせてインフルエンザに罹ると長いです。

学校にも登校していい期間と言うのは決まりがあります。インフルエンザニかかると何日間お休みしないといけないのかと言う決まりです。

なかなか防ごうとしても感染力が強いインフルエンザは防ぐのが難しいかもしれませんが、日頃から手洗いうがいはちゃんとにして出来る限りの予防はしておきたいものですね。

スポンサーリンク
  - 予防接種  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報