にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 子育て » PTA役員をやりたくない人必見!!誰もが納得する断り方とは

PTA役員をやりたくない人必見!!誰もが納得する断り方とは

PTA役員と言うのは子供の為にと言う思いで多くの方々はやっています。どうしても回ってきてしまうので子供一人に付き一回はやらなくてはいけないと言うノルマのようなものもあります。

フルタイムで働く母親にとっては本当に頭を悩まします。父親がやってくれるわけでもないし・・・・・

家事もして子育てもして、送迎もして父親の協力が受けられる家庭もあるかもしれませんが、母親が何もかもやらなくてはいけないという家庭も多くあります。そんな中、やらなくても良いPTA役員の仕事がプラスされてしまっては仕事が増えて困ります。

仕事をお休みしてまでやらなくてはいけないものなのでしょうか?

PTA役員と言うとやるのが当たり前のような傾向にありますが、十分断ってもいいと私は考えます。ぶっちゃけ子供のためと言う前提ではありきれいごとを言うとそうですが、みんながみんな出来るわけでもありません。

そういったPTA役員について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
  

PTA役員の必要性とは?

PTA役員の必要性についてはどうなのでしょうか?PTA役員と言うのは学校によって活動内容も違います。順番制で回ってきたり強制的なところも多くあります。

bu55

PTA役員は、各学校で行われています。なのですっかりやめてしまうというようにはいきません。すべてやめてしまうのでは他の学校との関わりも持てずに孤立してしまうでしょう。

でも、PTA役員の比重をちょっと柔らかくしてみたりと考え直していく必要があるでしょう。

毎月ある役員会を年に数回にしていくとか、役員になった方々が負担とならないようにしていく事が一番ではないのでしょうか?

役員になる人の負担をなくしていく事が現在のスタイルにもなるのではないのでしょうか?

働く女性が増えてきている現代では、負担を抱えてPTA役員をやっている方が多いはずです。私もその一人です。

役員を引き受ければ、1回2回は役員会の為に有給を使ってまたは、誰かに仕事を変わってもらい役員会に出席しているという方もいるでしょう。

この役員のあり方について考えていく必要があります。有給休暇を使い、誰が費消してくれるのでしょうか?仕方がないと言ってしまえばそれで済んでしまうのでしょうか?

子供のためだからときれいごとを言ってしまえばそれで済んでしまうのでしょうか?

そのあり方についてもっと考えていかないといけないと考えます。

だからと言って誰が?って感じですよね。今までこうやってやってきたんだからとなるとなかなかそれを崩していくのは難しいです。でも、そのあり方を見直すのは今の時代大事な事ではないのでしょうか?そう考えます。

PTA役員をやりたくない人必見

PTA役員と言うのは義務でも強制でもなんでもありません。断っても全然いいのです。

断る権利はあります。まだやっていないからとか順番だとか変な強制がありますが、実際は、PTA役員は強制ではありません。

誰かがやらなくてはいけないというようになっています。でも、誰かがと言うと中にはこういった活動が好きな方がいます。

やらなければならないではなく出来る人がやればいいのではないのでしょうか?また、出席できなくてもできる範囲内でやればいいのではないのでしょうか?

できる範囲内でと引き受けたとしても結局は役員会に出席しないで冷たい目で見られたという話しはよく聞きます。

本当にPTA役員と言うのは働く女性をさらにさらに苦しめるものと考えます。

役員をしていくと友達が増えるとか学校の事がよくわかると言いますが、でも、そういうわけでもありませんよ!!

運営委員から降りてくることをやっていくと言うように決まりも多いです。

なので、なかなか役員をやっていてもつまらないものです。負担だけが残る気がします。

私も役員はやりましたが達成感も何もありません。仕事をしながら負担しか感じませんでした!!

スポンサーリンク

PTA役員の納得する断り方

PTA役員は強制のようにやらされます。

どうすればいいのでしょうか?私は断る勇気が必要と思います。出来る範囲でと受けるのは一番無責任だとかんじました。出来ないのに受けて冷たい目で見られるならばやらない方がいいです。

受けない方がいいです。

自分の仕事が他の人に回ってしまい迷惑となります。迷惑になるのならば最初から受けない方がいいのです。

一々、自分に負担をかけてやる必要性と言うのは感じません。

出来る方に任せればいいのです。と言うとかなり批判を受けそうですが、でも、安易に受ける方が迷惑なので今、置かれている状況を説明してお断りしていけばいいのです。

仕事は理由にならない親の介護は理由にならないなどなど厳しい事を言われます。

でも、引き受けて1年間自分に負担になる周りに迷惑をかけるならば受けない方がよっぽどいいのです。PTAに入ることは任意であります。

PTA役員をする事も義務でも強制でもありません。なので断ってもいいのです。

まとめ

PTA役員が出来る状況ならば力になりたいという思いです。ですが、細かい決まりが多くて付いていけない部分もあります。

フルに仕事をしている方にとっては昼の時間の話し合いなんかはどんでもないです。

個々が出来る環境であればいいのですが、出来ませんと言う方が多いです。色々な状況の中でやりくりをしている方が多いでしょう。

役員の負担ばかりが多くなる役員なんてとんでもないと考えます。

もう少し役員のあり方を考えていく必要があるのではないのでしょうか・・・

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報