にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 生活 » 忘年会をする意味や飲んで食べるだけ?回数はどのくらい行く?

忘年会をする意味や飲んで食べるだけ?回数はどのくらい行く?

忘年会と言うのはなぜしなければいけないのでしょうか?年末になると忘年会があちこちで始まります。

仕事が終わってからする方もいるでしょう。または友達と忘年会をしましょうと盛り上がる方もいるでしょう。年末になると予定がたくさんと言う人もいて忙しい毎日を送りついつい飲みすぎと言う人も出てくるでしょう

楽しく忘年会をやっていければいいのですね。忘年会の意味や忘年会ではどんなことをするのか、どのくらい忘年会をしているのかなどなどお話ししていきます。

スポンサーリンク

忘年会の意味とは?

忘年会の意味を見てみると年末にその1年の苦労を忘れるために行う宴会とあります。

忘年会と言うのは1年が終わり、みんなでご苦労様でしたと言う意味が込められているのでしょう。

そして、また来年もよろしく!!となるのでしょうね。

忘年会は、1年のご苦労さんと言う思いの中でみんなで楽しい時間を過ごしていくものですね。忘年会は会社や親しい仲間で盛り上がります。「忘年会しようね」と年末になると話が盛り上がります。

bu18

その1年の苦労を忘れるためにともあります。苦労して1年を過ごしてきた人もいる事でしょう。みんなで飲んで食べて大騒ぎをしていき、1年間色々な事があったことでしょうが、その苦労や大変だったことを忘れて来年も頑張りましょうとなっていく事でしょう。

忘年会は楽しくみんなで過ごしていきたいものです。忘年会をしていく事でその年の大変だったことが忘れられてまた来年も頑張ろうと言う気持ちになれるのです。

忘年会でやること

忘年会でやることと言えば、普通にみんなで乾杯をしてワイワイと楽しみます。その他にゲームをしたり、かくし芸をしたりして盛り上がることでしょう。

そんな中、幹事さんと言うと大変ですよね。予定を組んで人数を確認してお金を集めてと言う作業が忘年会の前から準備をしなくてはいけません。

会社での忘年会となると幹事になった人と言うのは候補日をまずは決めていかないといけません。

この日程を決めていくのも大変ですよね。誰が来れて誰が来れなくてとなるとみんなの予定を合わせていかなくてはいけません。

でも、予定を決めるにあたりやはり上司が来れなくてはいけません。会社の上司の予定に合わせて候補日を決めていく必要があります。

役職の偉い人が参加できる日をまずは優先していきます。

それから、他の人も参加できる日の候補を決めていくといいでしょう。

その後は、お店を決めたり、予算を考えていったりしなくてはいけません。

忘年会の幹事と言うとやることがたくさんになります。

忘年を楽しむより幹事の仕事の方が忙しくなります。幹事さんはゆっくりと飲んでいられない感じですね。色々なところに気を使わなくてはいけないですね。仲の良い友達同士ならば気軽に飲めるでしょうが会社の忘年会の幹事となったらそうはいかないかもしれませんね。

普通に忘年会に参加する人は気楽に参加できるので飲んで食べて楽しんでいけばいいでしょう。

スポンサーリンク

忘年会の回数

忘年会の回数と言うと人によって色々でしょう。会社の中で全体で行われる忘年会、部署ごとに行われる忘年会、また、会社の仲間同士で行われる忘年会などなどがあります。

多い人だと12月に入ると週末は毎週のように予定が入っている人もいるでしょう。

あまり多すぎても体を壊してしまうのでちょっと削れる忘年会は断って回数を減らしていくといいです。あまり無理はしない方がいいでしょう。どうせお金を払うのだから楽しめる忘年会がいいでしょう。

まあ、飲み会が好きだからという人は何回行ってもいいでしょうけどね。

でも、家族がいたり主婦だったりするとなかなか毎週末と言うわけにもいかないでしょう。

日程を調整して出られるときに参加していけるといいです。

忘年会の回数は会社によっても違う事でしょう。

楽しく参加していきたいものですね。

まとめ

忘年会は飲んだり食べたりと楽しみですね。ついつい飲み過ぎてしまう方もいるのではないのでしょうかね。飲み過ぎには十分注意ですね。

あまり飲みすぎても体を壊しても意味がありません。

1年をみんなでご苦労様とねぎらったり、来年も頑張りましょうと言う流れで忘年会は行われます。

飲んで食べてゲームをしたり、かくし芸をしたり楽しい時間をみんなで過ごしていきたいですね。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報