にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 行事 » 節分のやり方と豆まきとマンションでは?

節分のやり方と豆まきとマンションでは?

節分と言うと豆まきがあります。豆まきは毎年している方もいるでしょう。子供がいる方は、毎年子供が楽しみにしていることでしょう。

そんな節分の豆まきについてやり方などを説明していきます。どのようにまいていったらいいのかなど。

一戸建てならばいいのですが、そうでないマンションなどの集合住宅に住んでいる方はどのように豆をまいていったらいいのでしょうか?

分からない事が多々ある事でしょう。豆まきのマナーなどについて詳しく説明していきます。 

スポンサーリンク
 

節分のやり方

節分と言えば豆まきです。そもそも節分の豆まきはどのような意味があるのでしょうか?

bu62

節分とは「季節の分かれ目」という意味があります。季節の分かれ目。四季にはそれぞれ言い方があります。四季がそれぞれ始まる時期の言い方について立春・立夏・立秋・立冬」と言っていきます。

節分はこれら4つの時期の前日を指した言葉だったのです。

その4つの言葉は、古代中国で編み出された太陰太陽暦においてはじまりました。季節の移り変わりをあらわす「二十四節気」のなかの四節気を表しているのです。

四節気と言うのは、立春から始まります。そして、大寒で終わる二十四節気のなかで一番重要と考えられているのが最初の四節が立春です。

一年の始まりである立春が一番重要と考えられているのです。

そういった考え方がいつからか不幸や災いを払っていきましょう。福の多い一年になりますようにと一年が始まる直前にお願いしていく日として始まったのが、節分です。

それは立春の前日のみを節分と呼ぶようになったのです。

このような意味が節分には込められています。

節分の日は決まっています。
節分は2月3日で、立春は2月4日からです。

豆まきのやり方としては、家族で楽しみながら豆をまいていく家庭も多い事でしょう。本来は家の家長が豆をまいていくと言うのが豆まきのやり方では正しい方法です。

また、年男や年女、厄年の人がまいていきます。

とは言っても特に決めずに豆まきをしている家庭が多いでしょう。

スポンサーリンク

節分の豆まき

節分の豆まきと言えば鬼は外、福はうちですよね。

鬼は外の時には、豆を外に投げましょう。そして、鬼が入ってこないようにすぐに窓を閉めましょう。

福はうちの時には家の中へ向かって投げていきます。

玄関から一番遠いい奥の部屋から始めていきます。

最後に玄関となります。

そして、豆をまき終えたら1年の厄除けとして豆を食べていきます。

自分の年齢よりも一つ多い豆を食べていきます。

残った豆は色々と料理して使って食べていくといいでしょう。

節分の豆まきはマンションではどうする?

節分の豆まきではマンションなどの集合住宅の方はどうすればいいのでしょうか?

集合住宅では豆まきは考えてしまいますよね。

でも、マンション暮らしの方も多い事でしょう。マンション暮らしの方は、周りに迷惑が掛からないように豆まきをしていきましょう。

ベランダから出ていかないように豆をまいていきましょう。

豆がベランダから外に出ないように。また、玄関から共通の廊下に出ないように気を付けていきましょう。

マナーを守って豆まきをしていきましょう。

まとめ

豆まきは、地域によってやり方は様々ですよね。その地域地域によって盛大にするところもあります。その地域によって大いに盛り上がるところもあるのでその地域によって違います。

その家庭によってもやり方があるでしょう。豆まきをしていく事で、きれいな風が家の中に入り込んでくるといいですよね。鬼になったり投げる役になったり家族で一つの行事をしていく事で季節も感じていきます。

家族みんなが新しい年を元気に幸せに過ごしていけますようにと願っていきたいものですね。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報