にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » お祝いごと » 個人面談で何を話す話すことは?苦手な時、マナーとは?

個人面談で何を話す話すことは?苦手な時、マナーとは?

個人面談は子供がいると毎年経験していく事になります。中には苦痛で苦手と言う人もいるでしょう。

先生とどんな事を話していったらいいのかと考えてしまう方もいるでしょう。あれもこれも話しておけば良かったと後から後悔してしまう方もいるでしょう。

個人面談に関してお話ししていきます。

スポンサーリンク
  

個人面談で何を話す話すことは?

個人面談では何を話すのでしょうか?積極的にどんどん先生に質問していくものなのでしょうか?

bu16

個人面談では、先生の話しをまずはじっくりと聞いていきましょう。

個人面談の進め方は先生によって違います。その先生の話しを聞いたり様子を見ていると先生の事も分かってきます。

こちら側から積極的に質問していくのが良いと思われがちですが、そうでもありません。でも、先生によっては全然話が続かない先生もいます。

よく子供の事を見ていてくれてお話をしてくれる先生ならばいいのですが、先生にもよりますかね。

個人面談では、一日に何人もの親と先生は話しをしていきます。なので最後の方になると先生は疲れています。あまり色々と話をしてしまい子供に悪影響を与えてしまってはいけないでしょう。

疲れているうえにあれこれ質問攻めしたところで先生も疲れるだけです。

熱心なのはいいけれどもあまり質問をまとめて積極的にどんどん先生に質問をしていくと言うのも考え物です。

先生の話しを聞いて、それに合わせて話していくといいでしょう。先生の反応を見ながらお話をしていくといいでしょう。

先生に攻撃的になったりあまり友達の事を悪く言ったりしないように気を付けて下さいね。

その時の印象によって子供の印象も先生から受ける印象が変わってしまう可能性もあるのです。

先生の話しに合わせていくのが一番ですかね。聞き上手が好ましいかもしれません。

とは言っても問題点が大きかったりする場合には聞いてもいいですけどね。

内容をよく考えて先生に聞いていくようにしましょう。

あまり細かい事を言いすぎて良い印象を得られなかったりしないようにしましょうね。

先生によってはよく子供を見ていてくれる先生もいれば全然子供のことをわかってくれていないんだな~と感じてしまう事もあります。

クラスの雰囲気も先生によって変わります。

個人面談も同様ですね。

あまり期待しすぎていかないようにしましょう。

と言うとせっかく時間を作って個人面談に行ったのに全然意味がないという事もあるようです。まあ、子供のためと思って頑張りましょう。

個人面談で苦手な時

個人面談が苦手と言う人も多いでしょう。

スポンサーリンク

先生と1対1で話すとなると結構緊張しますよね。

先生によって色々です。先生によってより苦手と感じてしまう方もいるでしょう。でも、あまり緊張しすぎないようにしましょう。

先生の話しを聞いていればいいのです。

あまり自分から何かを話さなくてはいけないんだと意気込んでいく必要もありません。緊張しすぎないようにリラックスしていきましょう。

小学校、中学校になると先生と会う回数も減ります。普段顔を合わさないのに個人面談で面と向かって話すとなると緊張も出てくるでしょう。

でも、緊張したり苦手意識を感じる必要は全然ありません。

大丈夫です。

先生の話しを頷いて聞いていったり、子供の様子を話していけばいいのです。こういったらどう思われるのかとかいちいち気にしなくていいです。

あまり深く考えすぎないで気軽な気持ちでいきましょう。

個人面談でのマナーとは?

個人面談のマナーとしては遅刻はしないことです。

最後の方になると時間がずれこんでしまうと考えて多少の遅刻はと思うかもしれませんが、先生によっては時間が正確な先生もいます。

遅刻で悪いイメージを与えてしまわないように時間には気を付けましょう。

仕事から駆けつける方もいるでしょう。

仕事が終わらなくてどうしても遅刻しそうなときには電話を入れておくといいかもしれません。

ですが、個人面談の時には時間には余裕を持っていくようにしましょう。

また、服装も意識しましょう。

派手になりすぎずですね。マナーには気を付けていきましょう。

特にスーツを着て決めなくても大丈夫です。普段着で十分です。

仕事の後にちょっと香水を付けて面談に行ったら部屋中香水の匂いがという事がありました。

香水もちょっとですね・・・・・・・・・

まとめ

個人面談は子供の為にあります。

学校生活がどのようなのかがわかります。とは言っても先生によっては全然子供のことがわかっていないと言う先生も中にはいます。

話しをしていけばその様子がよくわかります。

また、先生なのにお話しが苦手な先生もいます。色々な先生がいるので先生の話しをまずは聞いていくようにしましょう。

先生に合わせて話していくといいでしょう。

ここまで言ってはなんですが、先生によってはこの先生に話しても仕方がないという程に気持ちが薄い先生も中にはいます。

あまり積極的になっても意味がないです。まずは先生の話しをよく聞いて先生を知り、自分もこの先生ならば話せるこの先生は話してもちょっととなるので考えていきましょう。

と言うのもよくはないのですが、今までにたくさんの先生を見てきたので本当に色々な先生がいます。

上手く?先生とも付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報