にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » お祝いごと » 成人式のお祝い返しは必要か?必要ではない?のしは?

成人式のお祝い返しは必要か?必要ではない?のしは?

成人式は20歳のお祝いで子育てもホッと一息ですね。子供が成人を迎えて安心している親もいれば長い子育てがひと段落し寂しい思いでわが子の成長を見守っているという方もいることでしょう。

成人式では親戚や祖父母からお祝いを頂くこともあるでしょう。その時にはお返しと言うのは必要なのでしょうか?

成人式のお祝いのお返しについて説明していきます。

スポンサーリンク
  

成人式のお祝い返しは必要か?

成人式でのお祝いのお返しと言うのは必要なのでしょうか?もらいっぱなしではなんとなく気が引けます。

bu50

何かお返しをしたいと考える方も多い事でしょう。ただ、成人式でのお祝いのお返しは必要がないです。

一般的には身内のお祝いになるので基本的には品物でのお返しは必要がありません。

お祝いとした頂いた気持ちに対して感謝をしていく事は大事です。

お礼の言葉をしっかりと伝えていきましょう。

20歳と言うと照れくさかったりもしますが、お祝いを頂いた時にはちゃんとに感謝の気持ちを伝えていけるようにしなくてはいけません。

普段なかなか会わない親戚もいることでしょう。

ちゃんとに電話するなどして最初は親が電話に出ても成人を迎えた息子、または娘と電話を変わりちゃんとにお礼を言えるといいでしょう。

また、お返しは必要がないとは言っても何か気持ちで渡したいという方もいるでしょう。

成人式のお祝いのお返しは必要ではないのですが、お返しをしてもいいのです。

頂いたお祝いの品や金額の半分や3分の1程度が通常は目安となっています。

また、2~3週間のうちにお返しをしていくのがいいです。でも、男の子ならばスーツが多く、女の子は振袖です。

晴れの姿を見せに行きながら何かお返しの品を渡していくといいでしょう。遠いい方もいるので遠いい時には写真をお返しの品に添えても喜ばれるでしょう。

スポンサーリンク

成人式のお祝い返しは必要ではない?

成人式のお祝いのお返しは必要ではないとお伝えしました。でも、お返しが必要がないとは言っても言葉でのお礼は必ずしましょう。

何も品物として渡さなくてももらいっぱなしではいけません。祖父母や親戚から頂くことが多い事でしょう。ちゃんとにお礼は言いましょう。

成人式当日、私の場合は親戚や祖父母が近いところに住んでいたので子供と一緒にちょっとしたものをもって挨拶に行きました。

晴れの姿を見せに行きました。

ちょっとした品と言うのはお赤飯を炊いてちょっとしたお菓子を付けました。甘いお菓子にしていきました。

あまりかしこまった形ではなく渡していきました。晴れの姿を見せていく事も出来、喜んでくれました。

成人式のお祝い返しののしは?

成人式のお返しは必要がないとは言っても渡す方もいるでしょう。その時ののしについて説明していきます。

かしこまった形ではなくちょっとした気持ちで渡していく方もいるのでのしはいらないかなと考える方もいるでしょう。

もし、のしを付ける場合には「内祝い」となります。

「内祝い」として名前を付けてもいいでしょう。

また、名前は付けなくてもいいでしょう。

そんなにかしこまらなくてもいいでしょう。でも、ちゃんとにしていきたいという方は、「成人内祝い」としてその下になまえを書いていくと言うのが良いでしょう。

成人内祝いではなくて内祝いだけでもいいです。お祝いを頂いた方への感謝が何よりも一番大事ですね。

まとめ

成人式のお祝いのお返しは必要なのか必要ではないのかと言うと必要ではないです。必要ではないというかマナー上しなくてもいいのです。

とは言っても頂いた時には感謝の言葉、お礼の言葉は必要です。その際、何かちょっとしたものをお返しとして渡していくのもいいです。

必要がないので渡してはいけないというわけではありません。気持ちの問題なので感謝は必要です。

特にこうすると言った決まりごとはないので個人の判断で十分です。でも、何度も言いますがお礼の言葉は必要です。また近ければ晴れの姿を見せに行くと喜ばれるでしょう。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報