にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 子育て » トイレトレーニングはいつからがいいのか?時期とはじめ方

トイレトレーニングはいつからがいいのか?時期とはじめ方

トイレトレーニングをそろそろ考えている方もいるでしょう。

どうやってトイレトレーニングをやっていったらいいのかと分からない方もいますよね。

いつまでもオムツではと焦ってしまうママもいます。どうやっていけばいいのか?

スポンサーリンク
 

でも、時期が来れば誰でもオムツを外すことが出来るので焦らずに子供に合わせて行っていくといいです。

そんな中、トイレトレーニングはいつからがいいのか?

また、時期やはじめ方について説明していきます。 

トイレトレーニングはいつからがいいのか?

トイレトレーニングはいつからがいのでしょうか?

だいたい2~3歳くらいです。

早い子もいればゆっくりの子もいます。

まわりのママ友の中でもそろそろトイレトレーニングなんていう話しも出るかもしれませんよね。

まわりで始めた友達が多いと焦ってくるかもしれません。

「うちの子もトイレトレーニングをはじめないといけない」となるかもしれません。

でも、いずれはオムツは卒業していけるので焦らないで目の前のお子さんを見てみて下さいね。

目安としてはトイレの回数がまだまだ多いという時には早いかもしれません。

オムツを2~3時間で交換していく事にオムツがパンパンに濡れているなんて言う場合はまだかもしれません。

逆に2~3時間の間隔でオムツが濡れていない時には、トイレに誘ってみるといいです。

タイミングを見てトイレに誘い成功するかもしれません。

トイレの間隔が2~3時間くらいになった時にトイレトレーニングをしていく目安でもあります。

トイレの間隔が短い子も頻繁にトイレに誘って成功する子もいますけどね・・・・・・・

でも、ママも大変ですよね。

2~3歳位とも言われていますが、早い子で2歳前の子でも「チッチ」なんて教えてくれたり股を叩いてみたりして教えてくれることもあります。

トイレの間隔を知る事ですね。

個人差があるので無理なく進めていくといいです。

失敗をしてしまっても怒ったりしない方がいいです。

返って子供が神経質になり頻尿になったりすることもあります。

トイレトレーニングの時期

トイレトレーニングの時期としては、ここでは年齢ではなく、季節を説明していきますね。

その時期です!!

トイレトレーニングの時期として望ましいのは、春から夏です。

暖かい季節がいいです。

スポンサーリンク

もし、失敗してしまいパンツが濡れてしまっても風邪を引く心配も少なく何枚も失敗してもすぐにお天気がいいので乾きます。

そんなに大きな理由ではないかもしれませんが、寒い冬では寒くてトイレに行くのも嫌がったり失敗しても冷たかったりと良いことはあまりありません。

始めるならば暖かい季節を選んでいくといいでしょうね。

トイレトレーニングのはじめ方

トイレトレーニングの始め方は、いきなりパンツにしなくてオムツでもいいのです。

時間を見てトイレに誘っていきます。

トイレを嫌がってしまっては進みませんよね。

喜んでトイレに行けるように声を掛けたり、トイレに装飾をしてみたりしていくといいでしょう。

トイレでおしっこが出た時には大いに誉めてあげましょう。

誉めてもらったことで子供は嬉しいですよね。

自信にもつながります。

最初は、トイレに行って出なくてもいいのです。

何分か便座に座る習慣を付けていきましょう。

便座は、補助便座を付けたりオマルがいいですね。

個人的には補助便座がいいです。と言うのはオマルだと後処理が大変だったり置き場に困るもので・・・・・

でも、どちらでもいいです。

アンパンマンが付いていたりと補助便座もオマルも子供が喜ぶものも多いです。

だんだん成功が増えてきたら、パンツにしていきましょう。

最初からパンツでもいいのですけどね・・・・・・

失敗を繰り返して、気持ち悪さを感じて失敗しなくなるという事も多いので。

フローリングで多少汚れても拭けばいいとか洗濯も苦にならないという方はパンツでいいでしょう。

汚れたら嫌だとか洗濯が増えて困る時には慎重にオムツから始めて下さい。

とにかく少しずつママも子供も無理なく進めて下さい。

決して失敗しても怒らないようにして下さいね。

大きな心でお子さんとトイレトレーニングを頑張ってくださいね!!

外出時などはしばらくはオムツがいいと思います。

失敗がなくなったら外出時もパンツがいいです。

外出先で失敗したら困りますからね。

まとめ

トイレトレーニングは子供に無理なく進めていきましょう。

決して、失敗しても怒ることなく進めていきましょう。

励ましながら、成功した時には大いに誉めてあげましょう。

そうすることで子供も自信につながります。

もしかするとなかなか進まなくてママもイライラしちゃうことがあるかもしれません。

いつまでもオムツという事はないので焦らずに見守ってあげることが大事です。

スポンサーリンク
  - 子育て  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報