にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 行事 » 節分で食べる豆の数は?年齢?早生まれは?

節分で食べる豆の数は?年齢?早生まれは?

節分と言うと豆まきをしていきますよね。その豆まきで豆を食べていきます。

豆の数は年齢分とは言いますが本当にそうなのでしょうか?年齢の数だと早生まれはどうなのかとか疑問もあります。

節分で食べる豆の数について説明していきます。

スポンサーリンク
  

節分で食べる豆の数は?

節分で食べる豆の数はいくつなのでしょうか?

節分の豆の数は地方によって違いがあります。

bu67

ではどのような違いがあるのでしょうか?よく言われるのは年の数と言います。

ですが、年の数に1個プラスして食べるという方もいます。こう聞くと混乱してしまいますよね。

一般的に「年の数だけ食べる」というのと「年の数プラス1個」という説があります。

自分の年より1つだけ多く食ベる習慣は、節分が大晦日におこなわれていたころ事で1つ加えて健康で長生きできますようにと言う意味が込められていています。

節分が2月におこなわれる現在は、年の数だけ食べる人が多いようです。

ですが、そういう考え方もあるのですが実際はその年の数を食べていくのです。

その年に迎えるお誕生日の年齢の数が豆の数になります。

どういうことなのかと言うと1月がお誕生日の方は、そのまま節分の時の豆の数を食べていきます。

ですが、節分以降にお誕生日を迎える方と言うのは豆の数は一つ増えていきます。

例えば4月にお誕生日を迎えるというならば節分の時の年齢プラス1になります。

節分で食べる豆の数は、満年齢になります。

その年に何歳か、何歳になるのかが豆の数になります。

1月1日から12月31日までです。

こういう事から年齢の数とか年齢プラス1個が豆の数と混乱している方がいるのでしょうね。

節分で食べる豆の数は年齢分?

節分で食べる豆の数ですが、年齢分といいます。

今までの説明の中にもありますが、その年の年齢分と言った方が分かりやすいですね。

再度の説明になりますが、地域によっても違いはあるようですが、一般的にはその年の満年齢です。

2月3日の節分の日の年齢ではありません。

その年になる年齢の事です。

2017年に何歳になるかです。

そういう意味でその年の満年齢となります。

今まで、知らずに節分の日の年齢の豆の数しか食べていなかったという方もいることでしょう。

でも、今からそれを取り戻すために食べなきゃとそこまで神経質になる必要もないです。

スポンサーリンク

節分で食べる豆の数で早生まれは?

節分で食べる豆の数は早生まれはどうする?となりますね。

早生まれは1月1日から4月1日を言います。

4月1日?と思った方はこちらの記事を読んでみて下さい。

4月1日生まれの学年は?選択できる?なぜ?

その間の早生まれという事ですよね。

早生まれの人は節分での豆の数は他の4月以降に生まれた人と変わるのかと考えることでしょう。特に節分の豆の数では早生まれと遅生まれとでは特に区別はありません。

節分での豆の数はその年の満年齢で考えます。

満年齢と言うとどういう意味となる方もいることでしょう。満年齢と言うのは現時点の年齢のことを言います。なので、節分で食べる豆の数を厳密に言うとその年の満年齢となります。。

1月1日から2月3日までの方は現段階の豆の数で2月3日以降の方は、現時点での年齢プラス1となります。

早生まれだからとか遅生まれだとかというのは関係がなくなります。満何歳と表現していく時に実際に年を取るのは、お誕生日の前日となります。

お誕生日の日の前の12時の時点で一つ年齢を重ねるのです。お誕生日の日を迎えて一つ年を取るのではなく厳密に言うとお誕生日の前日で一つ年を取ることになるのです。

豆まきの食べる豆の数はその年の満年齢になります。早生まれとかは関係がありません。

まとめ

節分で食べる豆の数ですが、再確認をしていきます。その年の年齢分が豆の数です。2月3日時点での年の数ではありません。その年になる豆の数です。

現時点での豆の数の方もいれば、プラス一つ多くとなる方が出てくるわけです。

そういう意味からそのまま年の数となったり一つプラスとなるわけです。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報