にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 生活 » PTA役員の失敗しない断り方は?トラブルの防ぎ方と出来ない理由

PTA役員の失敗しない断り方は?トラブルの防ぎ方と出来ない理由

学年末と言うとPTA役員の選出の時期も近くなります。すでに役員を引き受けてやってしまった方にはいいのですが、これから回ってくるという方には気が重いのではないのでしょうか?

ですが、やりたくない、出来ないという方も多いのではないのでしょうか?

PTA役員を決める時の断り方や理由についてお話ししていきます。

スポンサーリンク
  

PTA役員を決める時に失敗しない断り方は?

PTA役員を決める時に懇談会を欠席してしまうという方もいるかもしれません。

bu87

だいたいの学校では子供一人に付き役員を必ず1回はしないといけないというルールがあったりします。

それが苦痛に感じる方も多いでしょう。

時間の余裕があったり、PTA役員の活動が好きと言う方も中にはいます。

また、ママ友作りにいいと言う方もいるでしょう。

ですが、最近では共働きの父母が増えています。

そんな中、役員会の為に仕事に穴をあける。仕事で有給をとってまでPTA役員に参加しなくてはいけないのでしょうか?

そう考えると役員を断りたいと思う方も多いのです。

役員を引き受けるのは困難と言う方も多い中、PTA役員を決める時にどのようにしたら失敗なく後味よく断れるのでしょうか?

いくつか考えてみます。

現在では、働いていますと言うのは理由になりません。

働いているというのを主張したところで失敗しない断り方にはなりません。

そんな中で一番は妊娠しているとか、転勤の予定、引っ越しをするので年度途中でいなくなる。

このような定まった断る理由があれば納得してもらえます。

ですが、引っ越す予定だとか転勤するかもと意味深に伝えるのでは嘘なのではないかとか断るためにそういっているのはないかと思われます。

妊娠と言ってもみんながみんなすぐに妊娠と言うわけでもないし、一番下の子でもう妊娠の可能性はないと言う方もいるでしょう。

また、転勤や引っ越しもそうそう使える断り方の理由にはなりません。

自分の体調が悪いと伝えたり親の介護がある、母子家庭だからという断り方もあります。

自分の体調に関しては、前もってPTA役員の長の方や推薦委員の方に伝えておくといいでしょう。

わざわざどのような状態なのかというのは細かく説明していく必要はありません。

プライバシーだって守っていきたいですよね。

もし、どうしてもできない状態なのに役員を進められたりしたときには、遠慮なく断り、学校の先生にもどうしたらいいのか相談してみるのも手だと思います。

一人で悩む必要はありません。

PTA役員は本当に大変です。

なので安易に引き受けてはいけないものだと思います。

誰かがやらなくていけないというのはありますが、ですが出来ない、やりたくないという人もいます。

子供が何人もいて逃げ切る人もいます。

やりたくないからやらないというのは周囲の目も怖いです。それこそ失敗してしまう断り方の例となってしまいます。

何かしら理由を見つけてもし、どうしても指名された時には断っていけるといいですね。

スポンサーリンク

PTA役員を決める時にトラブルを防ぐできない理由

PTA役員を決める時にトラブルも生じることがあります。

私も経験上そういったトラブルに巻き込まれたことがあります。

結果、公平にとくじになりました。

くじで役員を決めることになり、私は逃れることが出来たのですが、くじを引いてしまった人は怒って帰ってしまいました。

本当に嫌な雰囲気でした。

トラブルを防ぐ理由と言っても、行きつくところとしてはみんな何かしら理由があるんだからとなってしまいます。

本当に苦しいところですよね。

でも、PTA役員になったら、仕事を休まなくてはいけない日もあります。

引き受けたけれども仕事を休めない、休みたくないという理由で1度も参加しないとなると周りから白い目で見られてしまいます。

トラブルを防ぐ理由としては、なんだか変な感じではありますが、自分が現在病気とか母子家庭だとか親の介護があるといった理由が最適になります。

でも、実際にはみんながみんなそういうわけでもないですよね。

病気にもなりたくないし、母子家庭もみんながそういうわけでもないし。親の介護も親が病気になってほしくないし。

PTA役員を決める時に役員さんと目を合わせることなく黙っていることが一番いいのかもしれませんね。

黙ったもん勝ちと言う事もあります。

本当にPTA役員と言うのは現在の時代と見合っていないように感じます。

沈黙が出来るならば出来るまで沈黙。

ちょっと言い方悪いかもしれませんけどね。

でも、出来ない人がこれだけいるんだとアピールしていく事でPTA役員に対する思いを学校側も理解して考え直してくれるようになるといいなと強く感じてしまいます。

誰かがやらなくてはいけないという考え方の浸透。これって今の時代とはちょっと違うのではと感じます。

まとめ

PTA役員の選出を苦痛に感じている方も多いでしょう。

病気だったり親の介護、転勤や引っ越しと言った明らかに出来ないという理由があれば断りやすい事でしょう。

親の介護も難しくなっているようではありますけどね。理由を見つけるのが大変という人もいるでしょう。

役員を引き受けてしまっては1年間が大変になります。誰かがやらないといけないと考え方は古いと考えます。

PTA役員に関してもっともっと親が団結して必要性を考えて柔らかく改善していく事が求められているのではないかと感じます。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報