にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 子育て » 保育園のならし保育で哺乳瓶に慣れない赤ちゃんの対策と母親の準備と心構え

保育園のならし保育で哺乳瓶に慣れない赤ちゃんの対策と母親の準備と心構え

保育園のならし保育があるものの哺乳瓶に慣れない赤ちゃんは多いと聞きます。母乳で育ってきたので断乳が出来ずに哺乳瓶も使ったことがなくて慣れない赤ちゃん。

どうすればいいのでしょうか?保育園のならし保育で哺乳瓶に慣れない赤ちゃんについてお話ししていきます。

スポンサーリンク
  

保育園のならし保育で哺乳瓶に慣れない赤ちゃん

保育園のならし保育で哺乳瓶に慣れない赤ちゃんは困ってしまいますよね。

bu140

赤ちゃんもかわいそうだし、保育士さんも母親も心配です。哺乳瓶が慣れないという事はならし保育が進みません。

と言うのは離乳食が始まっている子供ならば離乳食を食べれればいくらかいいのですが、まだ離乳食が始まっていなくてミルクのみと言う場合には厳しいですよね。

何も受け付けずにいるので心配です。哺乳瓶が使えればミルクを飲むことが出来るのですが、飲めないと保育園にいる間は何も食べないという事になります。

ならし保育の間ならば最初は保育時間も短いのでいいのかもしれませんが、だんだんと時間が延びてくるとなるとある程度の時間までは延ばせてもそれ以上は延ばせられないでしょう。

水分も全然取れない状態では困りますよね。何とか哺乳瓶に慣れていってほしいですよね。

保育園のならし保育で哺乳瓶に慣れない赤ちゃんの対策

保育園のならし保育で哺乳瓶に慣れない赤ちゃんはどうしたらいいのでしょうか?対策などはあるのでしょうか?

保育園に入園する前から哺乳瓶の練習をしておく必要があります。ついつい哺乳瓶を嫌がり母乳ばかりをあげていては赤ちゃんもかわいそうです。

強い意志をもって保育園に子供を預けるのならば哺乳瓶の練習をちゃんとにしておく必要があります。また、ならし保育が始まってからもちゃんとに哺乳瓶の練習が必要です。

子供の為に努力をして頑張る必要があります。

保育士さんも哺乳瓶が使えない赤ちゃんには苦労していきます。

必死に哺乳瓶に慣れてほしいとあの手この手で哺乳瓶を使ってみますが全然慣れないのではどうにもなりません。いつか慣れてくれるだろう。保育園に任せておけば大丈夫と考えていてはいけません。ちゃんとに家でも練習をして保育園と協力していきながら哺乳瓶に慣れるようにしていきましょう。

では、どうやって哺乳瓶に慣れるようにしていけばいいのでしょうか?

色々な哺乳瓶の口もあります。母乳の乳首に近い乳首も出ています。

その点を工夫したり、飲ませ方をどうするかなどなどです。

縦抱きとか横抱きとか色々と試してみて下さい。

お母さんからはどうしても母乳をもらえるというのがありどうしてもあげたくなることでしょう。

また、いつかは慣れていくものでもあるのですが、でも、やはり保育園に預けるにあたり何もしないのでは無責任と言う感じもあるのでやはり焦らずに哺乳瓶を試して努力はしていきましょう。

スポンサーリンク

保育園のならし保育で哺乳瓶に慣れない母親の準備と心構え

保育園のならし保育で哺乳瓶に慣れない母親の準備や心構えとしては、やはり家庭でも練習してみることです。

保育園に頼りっぱなしではいけません。保育園に任せっぱなしでもいけません。やはり保育園でも頑張っているので家庭でも練習していく必要があります。だからと言って焦る事もないです。

でも、どうせダメだと最初からあきらめないでいいのです。練習を重ねていくうちに哺乳瓶にも慣れていきます。

赤ちゃんが泣いてしまうからと言ってすぐにおっぱいでは逆に子供が保育園でかわいそうなのです。なので色々と試してみて焦らずに頑張っていきましょう。

まとめ

保育園に入園が出来たのはいいけれどもどうしても哺乳瓶に慣れない赤ちゃんがいます。とは言ってもいつまでもいつまでも飲めないと言うわけではありません。

でも、全然哺乳瓶を練習していかない事には赤ちゃんがかわいそうです。ならし保育も延びてしまいます。家庭と保育園で連絡を取り合いながら協力をしていくことが大事になります。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報