にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 子育て » 保育園に熱がある時何度だったらお休み?預かってくれる体温と呼び出し連絡

保育園に熱がある時何度だったらお休み?預かってくれる体温と呼び出し連絡

保育園に預ける親は仕事をしている方が殆どなので急なお熱の時には困りますよね。子供がお熱の時はゆっくりと自宅で過ごしていきたいものですが、どうしても仕事が休めないとかという時もあります。

子供が熱の時には何度だったら休ませるべきなのかなどなど悩んでしまいます。保育園に熱の時に何度だったら休ませるについてお話ししていきます。

スポンサーリンク
  

保育園に熱がある時には何度だったらお休みさせる?

保育園に熱がある時には最初から38度とか39度とか高い時には最初から休む必要があると考えてお休みしようと思いますよね。

bu106

とは言っても、どうしても休めない時には解熱剤を使って無理に下げて保育園に預けてしまうと言う親も実は中にいます。

夜中から熱があったり、明け方に熱が上がり慌てて解熱剤で熱を下げます。保育園に登校していく時には熱が下がり、預けることが出来るかもしれません。でも、薬が切れてしまい熱が上がることもあります。

子供に無理はさせたくないですよね。また、何かの感染症だったら他の友達にも移ってしまいます。そういった部分は自分の子供だけではなく集団保育なので他の友達の事も考えていく事が大事ではないでしょうかね。

高熱の時には最初から休ませようと考える方が大半でしょう。

でも、微妙な熱の時ってありますよね。37度5分という時はどうしましょう。

よく言われるのが37度5分以上は熱だと。

なので37度5分以上の時には保育園を休ませると考える方も多いようです。でも、保育園に子供を預けるにあたり、考えてしまう親も多いでしょう。

37度前半も考えますよね。後半になると熱だと判断してお休みすると言う方もいるでしょう。

保育園で熱が上がったらお迎えにと考える方もいるでしょう。と言うのは一度出勤した方が保育園からの呼び出しが来て帰りやすいという部分もあるでしょう。

なので、一度保育園に預けてしまう方もいます。子供としてはどうなのでしょうか?親御さんの都合もあるかもしれませんが、まずは大事にしていかないといけないのは子供です。

37度5分で辛そうにしている子もいるでしょう。普段の平熱が低くて37度5分になるとかなり辛いと言う子もいるでしょう。逆に37度5分でも元気な子供もいます。

子供の状態を見て判断していくといいでしょう。

一般的には37度5分以上の熱がある時にはもし休めるのならば大事をとりお休みしていくといいでしょう。

もし、その後に熱が高くなり長引いてしまっても困りますよね。なので無理なく考えていく事をおススメします。

保育園に熱がある時には何度だったら預かってくれる体温か?

保育園ではその保育園によります。

37度5分が一つの境ではないでしょうか?朝から37度5分あるとなると保育園に登園をしても預かってくれない保育園もあります。

でも、もし熱が上がったら連絡しますね。そうしたらお迎えをお願いします。と言う園もあるかもしれません。

保育園に登園していく前に電話連絡を入れて熱があるのですが預かってくれますかと聞いた場合には37度5分あるとなるとゆっくり休んだ方がいいと言われることでしょう。

なので、どうしてもお休みが出来ないという時には直接保育園に連れていき、預けてお願いしていくと良いかもしれません。その際は、先生にお話しをして熱が上がった時にはお迎えに来ると言うのを伝えていきましょう。

保育園によっては連れてきたのだから仕方がないと37度5分以上あっても預かってくれる保育園もあります。

子供にとってはいいのかなと考えてしまいますけどね。ましてや集団保育なので他の友達に移したりしたら大変です。自分の子供だけではないので他の友達の事も考えていく必要があるのです。

37度5分を目安に考えていくといいでしょう。

預けて長引いても困りますしね。また、何かの感染症でも広げてしまいもっと困り、後々まで言われて立場が悪くなることもあるでしょう。

そういった事を踏まえて熱がある時にはちょっとくらい大丈夫と安易に考えずに子供の様子を考えましょうね。37度5分ありなんだかいつもより元気がないとか食欲がないとか全身状態を見て親として判断していきましょう。

スポンサーリンク

保育園に熱がある時には何度だったら呼び出しなのか?

保育園でお熱がある時に37度5分以上の時に一度は連絡が入るかもしれません。さすがに38度以上に上がった時にはお迎えの電話が入る事でしょう。

朝から37度台の熱がある時には覚悟をしておくといいでしょう。

そこで、お迎えを渋ってしまうのは子供もかわいそうだし、保育園側にも迷惑がかかります。

お熱が38度以上になるとほとんどの保育園では子供は保育室では通常に保育が出来ないでしょう。事務所などで子供を寝かして一人の看護師や保育士など誰かがそばに付き見ていく事でしょう。

そう考えると、もし、自分の子供が38度以上の熱が出た時に、お迎えを渋ることで一人の手を使うという事になります。その点をよく考えましょう。

その分、その先生の仕事が出来なくなります。

お迎えをお願いしてすぐに会社とやり取りをして迎えに来てくれる保護者の方が大半ですが、中には分かっていながらお迎えを渋る保護者の方もいます。

自分の仕事を優先してしまう。保育園で熱が出ても見てくれるんだと勝手に勘違いしてしまう方。

子供の具合が悪い時に先生たちは一生懸命見てくれています。人手を確保して見ていてくれるのです。その点を考えて自分の事だけ感がることなく早目にお迎えに行けるようにしましょう。

仕事がどうしても抜けられなくてという時にはその事を伝えてお迎えに行ける時間を伝え感謝の気持ちを込めて保育園にお願いしていきましょう。

緊急な時には仕事よりもちろん、子供を優先していくべきではありますけどね。

状況を考えて判断していきましょう。

働きながらの子育ては本当に大変な場面も多い事でしょう。それを乗り越えて多くの保護者はやっています。自分だけではないので自己中心にはならずに状況を考えて判断していけるようにしましょう。

まとめ

子供が熱の時には心配ですよね。お休みする時に判断もどうなのかと考えます。子供に無理はさせたくないけれどもお休み出来なくてと言うケースも多い事でしょう。

でも、集団保育なので友達にもし移ってしまうものだったら困ります。そういった部分を考えて自分の子供だけではないと言うのをしっかりと頭に入れて判断していくといいでしょう。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報