にこにこ役立ち情報

日常の生活でお役に立てる情報をお届けしています!!

ホーム » 子育て » PTA役員の決め方は?仕事は?やりたくない

PTA役員の決め方は?仕事は?やりたくない

PTA役員は毎年年度の始めになると決めなくてはいけません。どこの学校でもあるPTA役員です。子供のためとはいえなかなかやりたがらいですよね。

PTA役員は特にお仕事をしている方にとっては苦痛ですよ。仕事を休んでまでとなると本当に大変です。

スポンサーリンク

PTA役員は多くの父母が経験していることでしょう。そのPTA役員についてここでお話ししていきます。  

PTA役員の決め方は?

PTA役員はだいたい年度初めの懇談会の時に決まります。と言うわけで年度初めの懇談会には出席しない方が多いです。

これはよく言われることでもあります。もともと仕事で来れない方もいるでしょう。

でも、やはり、最初の懇談会と言うのは役員決めという事で欠席をする方もいます。PTA役員は大変と言うイメージが強いです。

なぜ、ここまで負担をかけてやらなくてはいけないのでしょうか?ちょっと意味が分かりません。

仕事をしていない人にとっては日中の時間に役員会に出てと言う時間の余裕もあるかもしれません。

でも、フルに働いている人にとってはかなりの苦痛です。わざわざ有給休暇をとって役員会に出席しないといけないのでしょうか?出来るならば避けていきたいものです。

ですが、学校によっては一人の子供に付き必ず1回はと言うのがあります。どうしてもやらないといけない状況に迫られてしまいます。避けられるならば避けたいです。

もし、懇談会とか決める時にいなくてもだいたいは、あとから先生から電話がかかってくるんですよね。一人一人に電話がかかってきて声を掛けられます。

これも苦痛ですよね。もしくは、懇談会であみだをしたりくじをしたり。

挙手をしてやってくれる人がいれば一番ですけどね。

低学年のうちは早いうちにやっておこうという事で手を挙げる人が多いことがあります。

でも、役員を引き受けてもいいけれどもその後が待っていることも頭に入れておく必要があります。と言うのは決まった役員同士で集まることになるのですが、そこで委員長を決めていきます。

その委員長と言うのが本当に大変なのです。普通に役員になるだけでも大変なのにさらに委員長になったりしたら本当にやることは多く、役員会の欠席もそんなに出来ないので大変です。

その役員の役員会だけではなく、他の定例会なんかにも出席していかなくてはいけません。

本当に役員は大変です。それが私の思いです。実は今年やっています。

1回はやらなくてはいけないという思いで始めましたが、でも、どうしてこんなことまでしないといけないのかと思います。

スポンサーリンク

土曜日に話し合いがあったり、日曜日にイベントで出席しなくてはいけなかったりと本当に嫌になります。

どうしてここまでして役員をしなくてはいけないのかと。

くじ引きとかあみだで安易に決めてしまってもいいものかと考えてしまいます。

もっと負担が減るといいのにと考えます。

PTA役員の仕事

PTA役員の仕事には色々とあります。運営委員会になったらさらに会合も多いですよね。

学年委員とか広報委員、校外委員や成人委員と言うのが一般的です。

学年委員は、クラス内の一般会員の取りまとめを行います。

PTA本部とのパイプ役となります。

広報委員は、年に何回かの新聞の作成です。2~3回です。

広報委員は文章を書くのが苦手だからと避ける方も多いです。

成人委員は、講習会を開いたりします。

でも、講習会と言っても人が集まらない時も多々あります。なので人集めのための勧誘もあります。

校外委員は構内や郊外のパトロールをしていきます。

子供110番の設置をしたりします。

他にも推薦委員などもあります。推薦委員は翌年度の役員を決めるにあたり活動していきます。

このように色々と役割はあります。

PTA役員はやりたくない

PTA役員はやりたくない方が多いです。何とかして免れたいと考えることでしょう。やりたくないと言う人が多いでしょう。

またあの人やっていると言うように役員が好きな人は好きなのです。

でも、苦痛と感じる人にとっては苦痛でしかありません。

どうしてそんなことをしなくてはいけないのかと考えることも多いでしょう。

また、役員の決まり事と言うのは本当に細かいのです。

一々数が細かかったりと決まりごとがそうでなくてはいけないとか・・・

どうでもいいじゃんと言うものでも決まりがあるからと言うよくわからないルールがあったりします。

本当にやりたくないとさけたくなります。

もう少し役員のあり方について考え直したり見直してほしいものです。

まとめ

PTA役員をやったことがない人にとっては漠然とした嫌な感じで避けたいと考えます。

やったことのある人にとっては2度とやらないとなる人が多い事でしょう。役員は本当に面倒です。

名前だけでなんてことで引き受けてもそれだけでは済みません。

引き受けたからにはしっかりとやってほしいとなります。

本当に困るのが役員の仕事。

なぜ、有給を使って仕事を休んでまで役員の仕事をしなくてはいけないのか?意味が分かりません。

避けられるのならば避けたいもの。

もう少し親の負担をなくしていけるように考えていってほしいと願います。

スポンサーリンク
  - 子育て  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報